空の鳥 agirlfromosaka

主に飼い猫+野鳥を撮って、紹介しています。 北海道と読書と温泉が好きです。

「陸軍」(1944)「はじまりのみち 」(2015)

雨。耳が痛くて1日寝る。猫は夜中に3回家族を起こした。理由は不明。 木下恵介監督の「陸軍」を見る。 昭和19年に撮影されたが、さりげなく反戦映画になっている。 主役は笠智衆。妻は田中絹代。 笠智衆はこの当時40歳なのにすでに寅さんの御前様にそっくり…

デイビッド・レターマン:バラク・オバマ インタビュー(2017)

司会者デイビッド・レターマンによるNetflixのインタビュー番組。ゲストがバラク・オバマ前大統領。 公民権運動の話になる。キング牧師とともにアラバマ州セント・ペタス橋を行進して警官隊と衝突になって殴られ負傷した公民権運動の立役者ジョン・ルイス下…

車検

あと4日に迫った車検。部品が今日まで来なかったためギリギリになってやっと審査に通ることができた。 かかった費用は10万弱。先週iPhoneに同じ位使ったので、新年早々お財布がとても寂しくなってしまった。

友人のコラム

私の友人が去年結婚した。 彼女は博士号も持ち、立派な会社に勤めている。 でも結婚報告した時、アメリカでは、「おめでとう。」だけ言われたが、日本では「おめでとう。でもすぐ妊娠しないよね。」みたいなことを言われたそうである。 その背景に母親の働く…

クリニック

近所のクリニックへ。 インフルエンザ流行中で土曜日とあり、具合悪そうな患者でいっぱい。座るところが足りなくて補助椅子を出すぐらい。 2時間弱待った。平日行くと長くても5分以上待った事は無いのだが。 商売繁盛である。 やっと名前を呼ばれて、いつも…

iPhone7plus 覚書

iPhoneを買ったと言うので、新しいサービス機能を教えてもらう30分セッションを電話で受けた。 AppleCareのサポートについて 2年間だけである。14800円 紛失や盗難でも11800円位で丸ごと交換してもらえる。 画面パネルが割れたら3400円ぐらいで交換してくれ…

映画「婦系図」(1934)

泉鏡花の文学で最も有名な小説の映画化第一作品。 元芸者お蔦(田中絹代)と事実婚している早瀬。 恩師に知れる事になって激怒され、 「女と別れるか私と別れるか。」 と迫られ、泣く泣く神社でお蔦に「別れてくれ。」と切り出す早瀬。 「別れろ切れろは芸者の…

薄っすら雪

寒い朝。薄っすら雪が積もっていた。 日中は4度ぐらいしか上がらず、日はさしてもとても寒かった。 iPhone8plusを返品するためクロネコの集配センターへ。タブレットで番号を入れたら印刷してくれ、無料で送ってくれた。 さて、うちの猫にペンペンされて落…

雨のドライブ

iPhone8plusがあまりに重い(全機種で最も重い)ので、クーリングオフで返品することになった。ワンランク下の7plusでギガを倍にした。防水で6Plus より軽量、suicaも移行に成功。 がしかし、データの移行中仕事に行く時間になった。携帯を持って行かないとい…

来客

横浜より従妹が来る。 電車から連絡くれたのに、寝てしまって気付かず駅へ迎えにいけず、彼女はバスで来た。 鍋を囲んでおしゃべりをしているうちに、元気になって来る。

真夜中に電話が鳴る

一昨日と昨日、寝ている時間に家の電話が鳴った。 最初は早朝まだ暗いうちで、母が受話器を取った。 昨日のは午前3時半に3回かかってきた。 全て同じ人物。何年も会っていないし年賀状もメールもやりとりしていない。 ご身内の訃報だったが、それでも夜中…

コワイくるみ

テレビが今のになってから、くるみが長時間、時にはひとりでテレビを見るようになった。今日は徹子の部屋に夢中になっていたくるみの背中をそっと触ってみたら、くるっと踵を返してにらまれた。昨日だって自撮りをしようとして噛まれたし。 この猫はコワイ。…

ご友人、親戚のみなさまへ。

新年も早1週間過ぎ、あっという間にお正月も終わりましたね。 日ごろの不義理をお許しください。 中でもお友達の身内のご葬儀、法事には、なかなか出席できず、大変申し訳なく思っています。 そしてこれからその理由を申し上げたいと思います。 その理由は、…

iPhone8

丸4日間、さざ波ディスプレイがひどくなって使えなかったiPhone6。 ついに不本意ながら、機種変更となった。 くるみに落とされさえしなければ、あと数年は使うつもりだったのに。 今度のiPhoneは至近距離で被写体の後ろがボケる。それ以外大きさも使い勝手も…

「あめゆきさんの歌 山田わかの数奇なる生涯」山崎朋子著

「青鞜」のメンバーであり、女性問題評論家、 作家、翻訳家、社会事業家。明治大正昭和と活躍した山田わか(1879−1957)。 波乱万丈の人生。 彼女は立派な地主の家に生まれたが、経済的に困窮。最初の結婚相手と離婚し、米国に出稼ぎに行って騙され…

「ザ・キーパーズ」(2017)「スポットライト 世紀のスクープ」(2015)

ドキュメンタリー「ザ・キーパーズ」、実話に基づいた映画「スポットライト 世紀のスクープ」を観る。 両方とも昔起きたカトリック聖職者の犯罪と組織の隠蔽を扱った作品で、見応えがあった。 「ザ・キーパーズ」は40年前のボルチモアで起きた未解決の事件、…

サンドストーム(2016)

イスラエルの砂漠に住むイスラム教徒ベドウィン族の一家。お父さんは若い2番目の妻を迎えようとしていた。第一夫人は、ベッドの組み立てなどの準備を娘レイラとさせられているが、不機嫌、ぐっと耐えている。 でも花嫁を真っ先に出迎えて「第一夫人です」と…

猫のせいでiPhone壊れる

一昨日、猫にペンペンされてiPhoneを硬い石の上に落としてしまい、それ以来ディスプレイがちらつく。それだけでは無い。日々悪化し、今日はついに押しても言う事を聞かないのだ。たまの気まぐれに平穏に戻る事がある。今はその状態。今のうちにバックアップ…

元旦

年賀状を読みながら、おせち料理をつまむ。 一張羅を引きずり出して、教会の元旦礼拝へ。 牧師夫妻のみ着物だった。 恐いうちの猫。 「昨日窓ガラス拭いたのは、誰ですか? 水滴の跡付いています。」

私にとっての今年の10大ニュース

リッツ・カールトンでジャズのピアノの仕事をする。*1 目眩と感染症その他で医者によくかかり保健福祉手帳をもらう。*2 仙台港に2回寄港。震災の爪痕を見た。 北海道で童謡ボランティアを12回した。*3 名寄新聞と北斗新聞に記事が掲載されFMに出演する。 J…

非国民だった父の叔母

去年亡くなった叔母は、父の3歳下の妹で、この二人は晩年喧嘩するまで、仲が良かった。 ずってる叔母のタイツ。 父兄妹は早くに実母を亡くしたので、叔母一子が母代わりに可愛がって育てた。 独身だった一子は、誰にも拘束されない全く自由な人だった。音楽…

年末 to do list

年賀状をやっと印刷。住所はまだ。 掃除。(いつもとさして変わらない。) 洗濯。午後までずっと曇っていたので、ついに取り込んだら急に晴れ始めた。 買い物。餅、猫の餌など難波の外国人のように爆買い。猫はこの前買った毛玉取り用フードが「カツオ」入りで…

イタリア料理

海老せん

久々にチャーチカフェへ。 N口さんが和田山の土産物屋で買って来た、という海老せん。 ものすごく美味しい! 取り寄せる、と言ったら周りの人々も参加したがり、ついに10個取り寄せることに。 送金したら、但馬の煎餅屋から発送便の追跡番号を知らせる丁寧な…

置物ごっこをする猫

沖縄からアメリカ自由を求めて「正子Rサマーズの生涯」

去年9月に逝去された、クリスチャンの画家正子Rサマーズさん(享年88)の壮絶な生涯。 1928年大阪で生まれた正子さんは幼い頃両親の故郷の沖縄に戻り、極貧の生活をする。 4歳にならないうちに、父親に辻の遊郭に売られてしまう。遊郭から小学校に行かせても…

母方の祖父、六郎とその兄弟。

明治34年(1899年)金沢。 後列左から父庸致、長男才一郎、次男浩二、前列左から母寿て(能登の田鶴浜出身)、乗三、四郎、祖母、真ん中の赤ん坊は、私の祖父六郎。1歳7ヶ月。 前列右のおばあちゃんは35歳で夫が死んだ時「二夫にまみえず」と髪を剃ってしまっ…

クリスマス礼拝に出席する。

クリスマスイブ。 クリスマス礼拝の一部礼拝に、出席する。 友人が演奏するバイオリンを聞く。

曽祖母ぎんの死と初孫の戦死 (父方)

昭和16年に祖父晃三は勤務先の会社の経営者が軍需産業に違法をした罪をかぶって投獄された。 ぎん最後の家族写真。 晃三の投獄で心労で寝込んだぎん。 息子に会えないまま死を迎える。 晃三のいない母ぎんの葬式。1941年。 喪服は白かったようだ。 父健三は…

戦前の結婚式の写真に彩色 (父方)

祖父晃三は五人兄弟であったが、結婚式の写真が残っているのは二人だけだ。 ひとりは生涯独身なので、元々ない。 ひとりは、お見合い結婚したが、夫に芸者がつきまとい、離婚。結婚式の写真は破棄。 ひとりは、4回結婚。結婚式の写真は残されていない。 長…