空の鳥 agirlfromosaka

主に飼い猫+野鳥を撮って、紹介しています。 北海道と読書と温泉が好きです。

映画

グルジア映画「マイ・ハッピー・ファミリー」

Netflixのグルジア映画。 大家族の中で暮らす52歳の教師の主人公。 実の両親と夫と娘夫婦と息子が同居してやかましい。 ある日家を出て行くと告げる。 家族は大騒ぎになり、叔父叔母など親戚がゾロゾロ集合して、彼女を責める。 だが決意は変わらない。 とこ…

ゴスフォード・パーク(2001)

2年前に見た映画を再び見る。 1930年代のイギリスマナーハウスを舞台にした、貴族と召使いの殺人事件。 アカデミー賞脚本賞など数々の賞を受賞した優れた映画だが、一度見ただけでは犯人が誰かわからない。 ダウントン・アビーや、日の名残りなど英国のお城…

甘い生活(1960)

白黒映画。 主役マルチェロ・マストロヤンニがスエーデン人女優のアニタ・エクバーグとトレビの泉で遊ぶシーンは有名。 ストーリーがあってないような3時間もの作品。 当時のイタリアのパパラッチたち、貴族のパーティの様子、音楽やダンス、などが繰り広げ…

キーピング・ママ(2005)

2005年にリリースされ米国で買ったが、その当時100%は理解できなかった映画。 10年前私はブログに書いている。 キーピング・マム を観る - 空の鳥 agirlfromosaka 字幕で見られるようになったので、アマゾン・プライムでレンタルして観た。 (ストーリー) 若…

捕らわれた女(2015)

珍しくキリスト教徒に好意的な映画。 実話に基づいたストーリー。 ネタバレ ある女性が薬物依存症のグループセラピーに出席する。その時教会のおばさんが「人生を導く5つの目的」を押し付けられるように貸してくれたがゴミ箱に捨てる。おばさんはゴミ箱から…

「サンセット大通り」(1950)

ビリーワイルダー監督の白黒映画。⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ 50歳になる往年の大女優の屋敷にたまたまパンクした車で入り込んだ脚本家の若い男(ウィリアムホールデン) 。 助けられたが、好きになられて支配され始める。 女優は20年間映画に出ていない過去の人。何度も離婚…

「ゲス・フー」(2005)、「人生スイッチ」(2014)

「ゲス・フー/招かざる客」(2005)、 アシュトン・カッチャー主演。黒人の婚約者の家族を訪ねる白人の話。コメディ。白人に偏見を持っているお父さん役のバーニーマックは有名なコメディアンだったが、この3年後病気で50歳の若さで死去。 「人生スイッチ」(2…

バーニー/みんなが愛した殺人者 Bernie(2011)

実話に基づいたストーリー。 テキサスのカーセージという田舎に、バーニー(ジャックブラック)という人々から愛されているクリスチャンの葬儀屋ディレクターがいた。毎週教会に通い、人々に役に立てることなら何でも惜しげなくする親切な男だった。 ある日石…

映画"Fever Pitch"(2005)とRed Sox

日本語の題名「2番目のキス」。 ストーリーはボストンに住むキャリアウーマンのリンジー(ドリュー・バリモア)と学校教師のベン(ジミー・ファロン)が恋人同士になるが、ベンには秘密があった。それは病的なボストンレッドソックスのファンだった、というもの…

映画「マイケル・ジャクソン ライフ・オブ・アイコン 想い出をあつめて」(2011)で思う天才児の育て方。

ドキュメンタリー映画。 マイケルジャクソンの母や兄姉始め、マネージャーやプロデューサー、モータウンの元社長、ホイットニーヒューストンなど50人もの音楽関係の想い出話が中心になっている。 モータウンについてのペーパー(小論文)を大学で書いた。グル…

"Wee Willie Winkie"(1937)「テンプルの軍使」

ジョンフォード監督。シャーリーテンプル主演。 インドに駐留するイギリス軍の祖父に引き取られる未亡人の母と子。クーデターのインド人たちとの内戦に巻き込まれるが、和平を申し出るのに一役かうシャーリーテンプル。 1箇所兵士の死ぬ場所で「蛍の光」を歌…

明るくくじけないテンプルちゃん

テンプルちゃんの役のシチュエーションはほとんどひとりっ子で孤児か片親。 親友になるのはいつもなぜか、どこかのおじさんかおじいさん。 同世代の少女の友達がいない。遊ばないで犬と遊ぶ。 親が死のうが別居しようが泣いていても、翌日はケロっとして天真…

ハイジ(1936)シャーリーテンプル

抱腹絶倒のアルプスの少女ハイジ。 アニメと同じかと思えば、ちょっとストーリーが違う。 死んだ母の妹が姪のハイジを連れて、ハイジの父の住む小屋に連れて来て、置いて帰る。 偏屈なジジイも孫の可愛さに心を溶かし、ハイジも近所の牧童ペーターと楽しく暮…

"Stowaway" テンプルの上海脱出(1936)

シャーリーテンプルは天才児なので、夜寝る前に台本3回読んだら、自分のだけでなく相手のも全部憶えたというが、この映画のセリフでの中国語ペラペラにはビックリした。中国人が教えたという。ただし北京語だったので広東語のエキストラには通じなかったそう…

"Curly Top" (1935)「テンプルちゃんお芽出度う」

暴風雨。米空母が近づき、朝鮮半島の多くの人は不安だろう。 シャーリーテンプル主演の映画「Curly Top」(1935)を鑑賞。 孤児院に姉と住むテンプルちゃん。歌って踊るなと言われているのに無視して"Animal Crackers in My Soup"を歌う。孤児たちもノリノリで…

テンプルちゃん「輝く瞳」(1934)

桜が満開。五週間ぶりに教会の礼拝に出席。 映画「輝く瞳」(1934) シャーリーテンプル5歳。 舞台は飛行場。パイロットの父を亡くしたシャーリーテンプルは、父の友達の代父に可愛がって貰ってる。 飛行場まではひとりでヒッチハイクしながら歩く。めっちゃ…

靴墨を顔に塗るシャーリーテンプル

「テムプルの愛国者」"The Littlest Rebel"(1935) 。 舞台は南北戦争の南部の大農園。 シャーリーテンプル演じる主人公は令嬢。贅沢な誕生日会を子供だけでやっている。人差し指一本で黒人奴隷の従僕を動かす、シャーリーテンプル。 舞踏会の最中、北軍が攻…

舞踏会の手帖(1937)

フランス映画。 夫を亡くした未亡人が、昔の舞踏会の手帖に名前が書かれたダンス相手を順番に訪ねる旅に出る話。どの人も有名な舞台俳優だそうで、演技が上手くて台詞もオシャレで面白かった。 マリーベル演じるクリスティーヌは湖畔のお城の女主人で、素敵…

映画「グリーンマイル」(2000年)

スティーブン・キング原作。 大恐慌時代の死刑囚の官房が舞台。癒しや人の痛みが分かる不思議な力の持ち主の黒人の死刑囚と、看守たちの物語。 膀胱炎患っている看守を演じるトムハンクスが痛々しくて上手い。 コネで入った意地悪な新入り以外の刑務官たちが…

マイ・インターン(2015)

ロバート・デニーロやアン・ハサウェイといったオスカー俳優が主演をする物語。ストーリーは、妻を亡くし悠々自適だが心にぽっかり穴の空いた老人がチラシにあった「65歳以上経験豊かなインターン募集」を見て応募。アンハサウェイが社長を務めるネット通販…

別離(1939)

イングリッド・バーグマンがスエーデンからアメリカへ渡って初めて撮った映画。主演が「風と共に去りぬ」のアシュレーを演じたレスリー・ハワード。あらすじは、題名を見たらネタバレそのものである。バイオリニストがピアニストと不倫、でもやっぱり離婚は…

巌窟の野獣(1939)

英語名「Jamaica Inn」 ヒッチコック監督作品。監督がハリウッドに行く前、最後にイギリスで撮った映画である。原作は「レベッカ」の作者と同じ女流作家ダフネ・デュ・モーリアの作品。ストーリーは、アイルランドから身寄りをなくして叔母さんの家に行った…

エリザベスタウン(2005)

南部ケンタッキー州が舞台の アメリカ版「お葬式」みたいな映画。主人公(オーランドブルーム)は父の葬式のためにケンタッキー主人公(オーランドブルーム)は父の葬式のためにオレゴンから飛行機でケンタッキーのエリザベスタウンに行く。葬式の段取りや濃…

映画「Sleepless in Seattle」(1993)

邦題「めぐりあえたら」で知られるシアトルを舞台にした映画。メグ・ブライアンとトム・ハンクスが主演している。先週シアトルを旅行したが、泊まった民泊から歩いて15分の「ガス・ワークス・パーク」が、あるシーンで映っていた。 ボートの向こうの丸い丘が…

1950年代の日本

掃除や片付け物をし、原節子の映画を3本見る。高倉健同様、演技がそんなうまいわけじゃないのに彼女にはオーラと存在感がある。1950年代の日本の家の中の様子が面白い。一般家庭の台所に井戸がある。家に電話はなく、連絡は手紙とハガキ。一般家庭の食事もす…

大雨と映画三昧

大阪の友達からのメールで目が覚めた。雨は大丈夫かという内容だった。ありがたいではないか。テレビをつけたら、札幌や室蘭が特別警報になっていた。ここから車で5時間離れているので他人事と思っていたら、午後からここも激しい雨に。美深町の友人からもテ…

愛が微笑む時 Heart and Souls

1993年制作のアメリカ映画。こんな面白い映画を今まで観たこと無かったなんて、信じられない。主人公はロバートダウニーJrが演じる。20年前の彼は若くてピカピカである。4人の幽霊に付きまとわれて時々乗り移られるのだが、その度に黒人の女性になり切ったり…

BBCドラマ「ジェイン・エア」を全部観る。

2007年のエミー賞3部門受賞の超話題作らしい。主役「ジェイン・エア」をしていた女優ルース・ウィルソンは、ダチョウにそっくりだった。ま、原作でも美人ではないが。ストーリーも端折る事無く原作に忠実だった。 イングランドの風景やお城がきれい、引き込…

フランス映画「椿姫」を見る。

この映画はオペラでも見たし、映画も古いのを2つ見たし、原作も読んだ。 今回の新しい椿姫は、少し韓流ドラマっぽかった。ま、女主人公が肺結核だから、息継ぎをしながら話すので、自然と似て来るのかもしれないが。美しい女優さんだった。

「赤と黒」を観る。

1954年制作のフランス映画。スタンダール「赤と黒」10代の頃原作は読んだ。子供の頃とても印象的だったのは、お金持ちでも夫婦は普通別の部屋で休むのだ。そうじゃないと、この話は成り立たない。その頃読んだ風と共に去りぬでは、「別の部屋で寝たい」とい…