空の鳥 agirlfromosaka

主に飼い猫+野鳥を撮って、紹介しています。 北海道と読書と温泉が好きです。

ルームメートのお姉ちゃんが帰国するので空港へ。2人を降ろした後「じゃあねー」と言って荷物を降ろさず、発車してしまう。気付いたら出口料金所の前だった。しかも携帯電話でその事を知る。一度ボストンに戻って空港へ。無事荷物を預け、お姉ちゃんに別れをつげる。彼女にとって今日の受難はこれだけでなかった。飛行機は天候不良で2時間滑走路で待機し、日本へ行く便に間に合わず、ホテルで泊まるはめに。
階下の大家にはカルフォルニアから長男のマシューが日本人の女医の妻を連れて来ている。オーブンが壊れたのでマシューがうちへ借りに来ていた。ついたお餅を戴いたので喜んで貸してあげる。アメリカ人と思えない。お餅をくれるなんて。
今日は雪だったので一日家に。ドリームウエーバーをダウンロードしてホームページを更新する。
また林芙美子の「放浪記」を青空文庫でダウンロードして読む。アナーキーな生活だ。貧しさを楽しんでいるかのように感じられる。まわりの人々が彼女に親切だ。昔の日本は貧しいけど、心は豊かだったようだ。
一日に朝昼夜2個ずつお餅食べる。計六個だ。もうやめよう。