空の鳥 agirlfromosaka

主に飼い猫+野鳥を撮って、紹介しています。 北海道と読書と温泉が好きです。

猛暑の一日

夕べも熱帯夜だったけど、朝から猛烈に暑い。バプテスト教会は冷房なしである。男性の皆さんダークスーツでネクタイ占めてる。女性はいつものケンラン豪華スーツにパンストだ。そしてゴスペルを歌い、ノリまくっておられた。あんまりなので途中で冷たい水のサービスがあった。礼拝がすんでハグ(両手抱きしめ)してもらうと相手の香水が熱気でこちらに移った。
礼拝後マクドでサラダを食べる。冷房が涼しかった。最近マックはサラダが充実しているが、まだ飲み物はあんまり健康的でない。甘いのやコークが主流でミネラルウォーターやアイスティーがない。
ブレイクから電話があり、引越をもし良かったら手伝ってもらえないかとのこと。S哉君のがあるからそれが優先だと言うと、ボクも手伝うよ、とのことで一緒に来て彼を手伝ってくれる。その後S哉君もブレイクの引越を手伝う。ブレイクの荷物は「人からの預かりもの」が大半を占める。その上ウッドベースエレキベースとスピーカーがあるから大変だ。
一段落すんでケンモアでアイスクリームをごちそうになる。いっぱいおしゃべりした後、道ばたにベッドが落ちているのを発見。まだきれいだ。そこでポールと言うトロンボーンの新入生も合流し皆で運んで私のくるまの屋根の上に乗せ、窓から手を出してマットを押さえながら走る。きっと周りの車から見たらすっごくおかしかっただろうと思う。