空の鳥 agirlfromosaka

主に飼い猫+野鳥を撮って、紹介しています。 北海道と読書と温泉が好きです。

カラスよけゴミネット騒動

カラスよけごみネットの申請が市長さんに認められたため、何種類もの必要書類を持って再び市役所の窓口へ行く。いったのは、
  • 通帳のコピー(通帳などを使っていないので古いコピー)
  • 買った商品の写真などのコピー
  • 領収書
  • 交付決定通知書(市長のハンコがついてるもの)
  • 商品の金額と消費税を差し引いた金額を書いた請求書(上限1000円の助成金が出る。)
私の買ったものは2033円だった。ところが消費税をひいたら1880円になるので助成金は半額である上10円切り捨ての940円しか出ない。また書類を完璧に揃えたつもりだったが、アマゾンの領収書が発送前のものだったため、発送後の書類が必要だったことが帰った後で発覚。「返信用封筒をお送りしますので印刷して送ってください」と担当者から電話があった。「ポストまで遠いので、メールでPDFファイルに添付して送ってはいけませんか?」と尋ねたら「いいですよ、助かります。お宅から坂の上にポストがありますしね。」と言われた。
ところで、ごみネットは大きさも2x3mと決まっているんだから、なぜ市役所でごみシールと一緒に用意して市民で半額で売ってくれないんだろう?コンビニや量販店に市民であることを身分証で見せたら半額になるとかしてくれてもいい。振り込みは来月の28日。エライ先やなあ。市役所出納係でキャッシュで渡してくれたらいいのに。面倒くさくて非合理的だ。
カラスさん、全部あなたのせい。て言うことにしとこう。
調べてみたら、札幌市では申請書がダウンロードできる上、上限7000円もの補助金、市内のいろんな場所で直接もらえる。
札幌市は太っ腹やなあ。

午後コストコへ。衣類や食品など爆買いする。飲み物とチョコレートは買わなかった。