読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空の鳥 agirlfromosaka

主に飼い猫+野鳥を撮って、紹介しています。 北海道と読書と温泉が好きです。

微笑んだ叔母

サウナのような日。

叔母を見舞う。高熱。

来たのが嬉しいのか微笑んだ。

天皇陛下がテレビでこれから国民にお話ししはるんよ。同じ歳やったね。」

というと、頷く。

 

代理のドクターや看護師さんたちと面談。

レントゲンやCTを見せて貰う。素人が見てもシリアスだとわかる。

いとこは、モルヒネ睡眠薬で苦痛をなくすセデーション治療を希望する。

 

明日の飛行機を変更すると決める。

私の車だけ、涼しい北海道でお盆を過ごす事に。

 

いとこと病院の許可を得て、教会の中西牧師に来て貰う。猛暑の中背広とネクタイで来て下さった。セデーション治療に入ってぐっすり寝ている叔母に話しかけ、握手して励まし慰め、福音を伝え、お祈りして下さった。教会の祈り会では叔母のためにずっと祈られていた。

耳は聞こえていたのだろうか?

 

今日の感謝

しんどそうだったのに、微笑み、今は気持ちよさそうによく眠っている叔母。

 

今日読んで感じた聖書 (今日から)

「天の下では、何事にも定まった時期があり、
 すべての営みには時がある。
 生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。」

(伝道者の書3:1-2)

 生まれるのも死ぬのも、神様の定められた時があるのだな。