空の鳥 agirlfromosaka

主に飼い猫+野鳥を撮って、紹介しています。 北海道と読書と温泉が好きです。

孫は来てよし帰ってよし。

お孫さんのいる友人が、数人いる。

 

子孫が増えるというのは素晴らしいが、お守りは結構大変そうだ。

 

孫のお守りは、女の義務だろうか?

 

「女三界に家なし」は三従と言って

「幼い時は親に従い,嫁に行っては夫に従い,老いては子に従わなければならない」

という明治大正の日本の修身の教え。

野蛮で男尊女卑な考え方で嫌いだが、100年前の当時の日本の女は10代で親の決めた家同士の結婚出産、初孫も30代で授かり、夫を亡くしても介護制度も年金もない。

子供家族に頼らないとサバイバル出来なかったろう。

 

でも現代は自分も子供も出産は高齢、おばあちゃんも今では30代というわけではなく、もうちょっといってる。

時には、シンドいのではないか。

 

孫は来てよし、帰ってよし。

 

「よう来たね〜、じゃあね〜。」

という訳には、やっぱりいかんか…

 

「人は父と母を離れ、その妻と結ばれ、ふたりは一体となる。」(エペソ5:31より)

結婚式で読む箇所である。結婚した二人は父と母を離れる。

 

野鳥は幼鳥が成鳥になるまでセッセと餌を運ぶが、巣立つともう帰って来ないし、近づくだけで威嚇する。

でも人間はちゃう。

親と暮らしている私は、偉そうには言えません。m(_ _)m