空の鳥 agirlfromosaka

主に飼い猫+野鳥を撮って、紹介しています。 北海道と読書と温泉が好きです。

「長い冬」ローラ・インガルス・ワイルダー著

f:id:dollyosaka:20170223172825j:image

1880年から1881年にかけて、ローラ・インガルス13歳の時、アメリカの歴史上最も厳しい冬の体験を体験する。
10月からよく年4月まで7ヶ月間厳しい吹雪が続き、汽車が来ないため町の食べ物も燃料も底をつき、ローラの家族は飢え始める。

左から、キャリー、メアリー、ローラ。f:id:dollyosaka:20170223145013j:image

大草原の小さな家」のローラ・インガルスの本は繰り返し読んだ。開拓民の家族として子供の頃8回も引っ越しし、1880年にやっとたどり着いた新しい街が、サウスダコタ州デ・スメット。ホームステッド法で5年働けば土地がもらえるので、父さんのチャールズインガルスは登録した町から2キロ離れた農地で働きながら、駅前にも店を建てた。メインストリートとセカンドストリートの角である。

f:id:dollyosaka:20170223145412j:image

ローラが「長い冬」を過ごした頃のデスメット。それにしてもメインストリートに羊が歩いている。f:id:dollyosaka:20170223150256j:image

物語に出てくるお向かいのフラーさんの金物店。f:id:dollyosaka:20170223145520j:image

 

f:id:dollyosaka:20170223145005j:imagef:id:dollyosaka:20170223145657j:image

町が出来た1880年汽車が猛吹雪で動かなくなった。インディアンの予言が当たり、7ヶ月それが続く。

 

街に小麦粉が底尽き、人々が飢え始めた時、アルマンゾ・ワイルダーとキャップ・ガーランドが命がけで30キロ離れた農家に小麦粉を買いに行く。

アルマンゾ・ワイルダーf:id:dollyosaka:20170223150510j:image

キャップ・ガーランドf:id:dollyosaka:20170223150539j:image

小麦はコーヒーミルで引いた。石炭もなくなったので藁で暖をとる。

ローラは後にアルマンゾと結婚した。だから彼は英雄に描かれている。キャップ・ガーランドは気の毒にも農機具の事故で早くに亡くなる。

 

ミズーリー州に移住したローラ以外、父さん、母さん、メアリー、キャリー、そしてグレイスも、この町近辺で生涯を過ごし、同じデ・スメット墓地に眠っている。f:id:dollyosaka:20170224100945j:image

 

長い冬―ローラ物語〈1〉 (岩波少年文庫)

長い冬―ローラ物語〈1〉 (岩波少年文庫)