空の鳥 agirlfromosaka

主に飼い猫+野鳥を撮って、紹介しています。 間違いやいい加減な情報も多いので、指摘して下さい。

無罪放免

電話で確認してクリニックへ。混んでいた。

 1時間半ほど待って名前が呼ばれた。

待ってる間、癌だ言われたら先生になんと言おうかずっと考えていた。

名前を呼ばれて入るとドクターはニコニコして腫瘍にに悪いものは見つからなかったよと言った。

ヘナヘナと崩れそうであった。

定期的に検査していくだけで良いそうだ。

教会の女性の祈祷会の時間と重なったが、拍手が起こったそうである。

多くの人々の祈りに支えられ、「無罪放免」になった事を天の神さまに感謝したい。

 

後で思い出したのだがよく、同じ腫瘍を「癌かも」と言われたのは3回目だ。

今回も同じ病名「繊維腺腫」だった。

 

最初に言われた時は19年前、梅干しの大きさだったので手術した。助手の若い外科医が気絶した時だ。手術台の上から「先生大丈夫ですか?」と患者の私が声をかけた。

 

次に言われたのは、6年前旭川医大。肺がんの疑いで紹介状をもらって行ったら、肺癌ではないが乳癌があるかもしれない、と言われ最新の検査器具で調べてもらって、癌ではないと即座に言われた。

 

今回は、今年6月に北海道についた当日に、知らされた。この時はひどい風邪を引いており、肩こりで頭皮が痺れ奥歯が疼き、ひどい腹痛にも悩まされた。が、そのおかげか3kg減量。BMIも「肥満」から「標準」になった。