空の鳥 agirlfromosaka

主に飼い猫+野鳥を撮って、紹介しています。 間違いやいい加減な情報も多いので、指摘して下さい。

出国

ついに帰る日を迎えた。

目覚めると水の音がする。トイレに行くと故障している。迷惑をかけてはいけないので、タンクの蓋を開けて落ちている鎖を拾い上げて、浮きについている棒に引っ掛けて修繕。水はやっと止まった。

6時半ごろから台所に降りていたが、7時にホストマザーが起きて来て「あなたのアラームが鳴っている。」と言った。起こしてしまったのだ。

この11日間大変な迷惑をかけたと思う。どうやら彼らのベッドルームは私の部屋の真下らしいと知ったのは、一週間以上経ってからだった。私は何度も歩き回ったりバスルームに行ったりしたので、眠れていないのではないか、と気づいた。

それでトイレはヨーロッパ式に、彼らが寝てからは朝まで流さないようにした。

考えれば、10年前まで上の階に住んでいた頃、ふんだんに水を流し、ドタバタしていた。さらにピアノまで貸してもらって、レッスンに使っていた。

さらに私が貧しそうなので、留守の時キャットシッターのバイトまでさせて貰っていた。*1

なんと忍耐強く親切な大家さんだったのだろう、と10年経って感服する。

大家さん夫妻に「またおいで」と見送られて、出発。

 

空港のレンタカーセンターで車を返す。入る場所が分からず、雨の中ぐるぐる回ってひと苦労だった。ガソリンを入れる約束だったが入れる時間もなく、なんと言い訳しよう、と思ったが、やっと返す場所に到着した時、

「急いでるの?このまますぐ行って。」

とあっさりしたものだった。

出国手続きはものすごく空いていて、ハイテク技術もあり、あっという間だった。

搭乗口でジョンから電話があり、

「忙しくして、決して落ち込まず、どんな仕事も断らず、自分で考えて頑張って。」と言った。

また会えるかなあ。

 

JAL007便はカナダ、アラスカ、ロシアを通る。

サハリンの上空から。

f:id:dollyosaka:20181017205628j:image

今回はグルテンフリーの特別食を頼む。

f:id:dollyosaka:20181017205705j:imagef:id:dollyosaka:20181017205710j:image

隣の椅子が空いていたので、ありがたかった。あとの席は満室で、申し訳なかった。

無事に帰宅。スーザンから無事にレンタカーを返して帰ったかメール。

*1:今は亡き黒猫のラッセル。この子は私が返ってくるのを勝手口の前で待っていた。