読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空の鳥 agirlfromosaka

主に飼い猫+野鳥を撮って、紹介しています。 北海道と読書と温泉が好きです。

15年ぶりの披露宴

ホテル披露宴の仕事。

ベーシストはZingoroさんと言う裕子さんの紹介。曲は30曲ちょいで足りた。

f:id:dollyosaka:20170219173535j:imagef:id:dollyosaka:20170219173737j:image

  • 披露宴そのものの流れは15年前とほとんど一緒だが、エンディングロールと言ってビデオカメラマンが撮って編集した動画を、お開きの時に見せてくれるのが定番になったようだ。
  • 花嫁のヘアスタイルも変わった!
  • タバコ吸うお客がひとりもいない!

お客さんに喜んで貰えたようで嬉しかった。

皇妃エリザベートの実家

f:id:dollyosaka:20170218223202j:imagef:id:dollyosaka:20170218223205j:imagef:id:dollyosaka:20170218223213j:imagef:id:dollyosaka:20170218223429j:image

エリザベートは五人姉妹だった。上からへレーネ、エリザベート、マリー、マチルデ、ゾフィー。みんな似ていて、間違えてシシー(エリザベート)だと紹介してしまう。男の兄弟も成人できた三人がいる。

エリザベートの舅の曽祖母はマリアテレジア、

f:id:dollyosaka:20170219001638j:imageその末娘はマリアントワネットである。

f:id:dollyosaka:20170219000554j:imageエリザベートのいとこはノイシュバンシュタイン城を作ったので有名な従兄弟ルードヴィヒ二世である。f:id:dollyosaka:20170219001346j:image美形同士親友で、末妹は妃にどうかと言う事で婚約までしていたが、ゲイだったので日取りを伸ばした挙句キャンセルになり、キレたエリザベートは死ぬまで彼と絶交した。

兄弟それぞれ、あちこちのお城に結婚して出て行ったが波乱だった。

ペーパーワーク、プラクティス

この季節、確定申告と経費の整理だ。さらに仕事の練習。41曲で足りない場合もあるので、3曲追加。

夕べより腹痛、医者に行かず電気あんかを載せて治す。

昨日は青空だったが、今日は雨天。大荒れになってるところもあるらしい。

北朝鮮のお兄さんが暗殺されたり、ホワイトハウスが大荒れになったり。世界はどうなっていくのだろう。

f:id:dollyosaka:20170217134505j:image

風と共に去りぬの時代

南北戦争時代1860年代の写真。「風と共に去りぬ」「若草物語」の時代である。

f:id:dollyosaka:20170216182642j:imageロードアイランド州ニューポートの屋敷。北部は奴隷制に反対していたのに、皮肉なことにニューポートの富豪は三角貿易(奴隷貿易)で財を成した。ヨーロッパの小国の国王より金持ちだった。

 

f:id:dollyosaka:20170216182631j:image北軍の軍服を着ている人々。

f:id:dollyosaka:20170216205835j:imageこちらは南軍の軍服を着ている。四人の女性はフープスカートに密輸物資を隠して運んだそうだ。

 

f:id:dollyosaka:20170216182636j:image黒人奴隷も写っている。

f:id:dollyosaka:20170216211330j:image南軍の兵士のために慰問する黒人のツアーバンド。どんな歌歌ってたんだろう。

 

f:id:dollyosaka:20170216183050j:image

黒人の子守と写っている写真が残されている。

 

私がピアノの仕事していたボストンの黒人教会の人々はほとんど故郷は南部だった。黒人の人々は差別されながらも、白人と同じ街に共存していた。

ジョン・グリシャムの小説に、今の時代の南部ミシシッピー州の白人の農園主と黒人の従者や住み込み労働者が同じ苗字というのが出て来る。奴隷時代からずっと同じ主人に今も支え、苗字も奴隷制廃止の時、同じにしたのだ。今もそういうのが残るのだ。

究極のパフスリーブ

赤毛のアンは、当時流行していたパフスリーブを作ってもらえなかった。ビクトリア時代に流行した究極のパフスリーブを着た女の人の写真。今まで見たパフスリーブで最高だ。

f:id:dollyosaka:20170214172336j:image

布地がもったいないと言ったマリラの意見は正しい。 1番左の人の袖だけで、ドレスの胴体の部分が作れそうだ。

 

f:id:dollyosaka:20170214172138j:image

徹子の部屋」見えないんですけど。

オモロがられる。

内科受診。シンドい仕事引き受けた、と言うとオモロがられる。なんで断らへんねん、と言うのでお金いるもん、と答える。胃が痛く夜眠れないと訴え、処方箋書いてもらう。診察室を出て受付へ行くと、受付嬢は三人とも事情をすでに知っていた。
午後電話ミーティング。負けず嫌いでやり手の相手だ。