空の鳥 agirlfromosaka

主に飼い猫+野鳥を撮って、紹介しています。 間違いやいい加減な情報も多いので、指摘して下さい。

ガスファンヒーターとカメラ

うちの家は冬とても寒い。

床暖房とエアコンだけでは、いつの10度台。

こたつで温まったり、電気ストーブをつけたりすると電気代がかかる。

そこで、ガスファンヒーターを買った。

それが、すぐに温風が出てきて、暖かい。

なぜもっと早く買わなかったのだろう。

 

次に4年間愛用してきた野鳥用カメラを、ついにバージョンアップする事になった。

今のを下取りにして、同じカメラで性能が新しくなったものにしたのだ。

PowerShot SX60 HS

 

Canon デジタルカメラ PowerShot SX60 HS 光学65倍ズーム PSSX60HS

Canon デジタルカメラ PowerShot SX60 HS 光学65倍ズーム PSSX60HS

 

試し撮り

f:id:dollyosaka:20181218195056j:image

幸せになる秘訣

ひとから勧められて録画したのにすっかり忘れていた、Eテレ「人生レシピ」を見る。

東京大学大学院で文学博士号を取ったシスター鈴木(86)。著書も多いが、重荷を負った疲れた多くの人に勇気と励ましを発信してはる。

人間はついつい過去の自分を責めてしまう。

「あの時ああすべきだった、こうすべきだった」そんな人にマジックワード。

 「意外と私は」 。

(例)

「意外と私は」頑張ってやってるじゃないか。

「意外と私は」 周りに感謝しているじゃないか。

 

寝る前に3つ感謝する。

今日一日を振り返り、3つ感謝する。

(例)

・寝る場所がある。

・お風呂に入れる。

・食べ物がある。

 

聖なるあきらめ

あれも欲しい、これも欲しいと

欲張る気持ちを捨てる。

負けてあきらめるのではない。聖なるあきらめ。

 

シスター鈴木は86歳に見えない。50代に見える。

やはり他人を勇気づけ信仰に生きている人は、若々しいのだなぁ。

 

私がいつも感謝している事は、日本に住んでる事かなあ。自分の祖国だし、言葉もわかるし、医療も受けられる。

ボストン・グローブ

一週間前に天に召された友人の死亡記事が、ボストン・グローブ紙に掲載された。

SUSAN BUTLER Obituary - Boston, MA | Boston Globe

日本文化に生涯にわたって興味を持っていた彼女は、コーラス・ボストンという日本の合唱団にも所属し、三味線も10年以上稽古していた。

明日の葬儀はボストンのトレモント通にある築200年の大聖堂(プロテスタント)で行われ、日本人の友人とジョンが参列する予定だ。

また5月にも記念礼拝が教会の保養所で行われる。

「悪童(ワルガキ)」山田洋次著

電子本で読む。

寅さんの語り口調風の伝記小説だ。

なんといっても原作者が書いたのだから、面白い。

映画の内容とちょっと食い違う。

  • 映画ではおいちゃんとおばちゃんには子供が出来なかったと言っているが、小説では空襲で焼け出され、背中に背負ってた赤ちゃんは死亡した、とされている。
  • 寅さんが20年間失踪していた時、お母さんがどんなに心配していたか、と映画では繰り返しおばちゃんが語るが、小説では家出前に死亡している。

寅さんは、話を盛る人だから、これでいいのだ。

この小説、映画にして欲しいな。