空の鳥 agirlfromosaka

主に飼い猫+野鳥を撮って、紹介しています。 北海道と読書と温泉が好きです。

アイヌモシリ紀行―松浦武四郎の「東西蝦夷日誌」をいく

幕末に蝦夷地を歩き回って調査した松浦武四郎の記録をたどって、平成の今自分の足で歩いた記録。著者はこの時60代なかばだから、道南から根室、道北へ歩くなんてクレイジーなアイディアだ。でも歩かないと分からないことも多いし、共感できるくだりが多く、大変面白かった。
原発のある泊村がやたら金のかかった村で、すぐ隣の村は昔のままだけど、花なんか植えられてあって、こっちの方がいい、と言うところは全くその通り。
環境破壊とゴミが多いというところも、共感できる。
ところで間宮林蔵の5代目子孫でアイヌの人で、真見谷さんという人が今もおられる。奥さんがアイヌ人だったのだが間宮とつけるのはおそれおおい、と苗字を真見谷としか明治の役人がつけてくれなかったそうである。
全くひどい話だ!

アイヌモシリ紀行 松浦武四郎の『東西蝦夷日誌』をいく

アイヌモシリ紀行 松浦武四郎の『東西蝦夷日誌』をいく