空の鳥 agirlfromosaka

主に飼い猫+野鳥を撮って、紹介しています。 北海道と読書と温泉が好きです。

別離(1939)

イングリッド・バーグマンがスエーデンからアメリカへ渡って初めて撮った映画。主演が「風と共に去りぬ」のアシュレーを演じたレスリー・ハワード。
あらすじは、題名を見たらネタバレそのものである。バイオリニストがピアニストと不倫、でもやっぱり離婚はやめる、というもの。原題名「Intermezzo(間奏曲)」の方がずっと良いのに。
当時24歳のイングリッド・バーグマンはとても美しくスエーデン訛りの英語が初々しい。
レスリー・ハワードはバイオリンを弾く真似がとても上手い。それより、金髪の子役の8歳の女の子(アン・E・トッド) は実際にピアノを弾いていた。子役スターの一人だった彼女は若い頃に映画業界を離れ、音楽大学に進み、結婚して普通の人生を歩んで今は85歳の未亡人。
アシュレー役のレスリー・ハワードはこの4年後戦争中乗ってた飛行機がドイツ軍に撃墜されて50歳で死去、でも妻メラニー役のオリビアデ・ハビランドは99歳で今も健在。
別離 [DVD]

別離 [DVD]