空の鳥 agirlfromosaka

主に飼い猫+野鳥を撮って、紹介しています。 北海道と読書と温泉が好きです。

マウントカルバリーバプテスト教会

礼拝奏楽のためバプテスト教会へ。96歳のおばあちゃん、マザーフォスターが3週間ぶりに見える。
彼女は体調を崩していたのだ。死ぬのではないかと心配していたから嬉しい。
礼拝前に執事の姉妹が「フィルムが一枚余ったのよ。あなたを撮ってあげる」と写真を撮って下さった。うれしい。
礼拝はなんと聖歌隊が欠席という前代未聞の事態。午後からの集会もあるのでしんどかったのだろう。
「人をさばくな」と言うテーマのメッセージなのでケリー牧師は「いいですか、礼拝なのに聖歌隊は欠席するなんていけない、とか言ってはいけません」と言って笑わせておられた。
聖歌隊がないと礼拝のゴスペルもしまらず、なんだか皆ばらばらでテンポも遅かった。
礼拝後、おばあちゃんの写真を撮らせてもらう。日本に送るんですというと感激して下さっていた。
今日も皆おしゃれだった。執事のおばちゃんは銀の帽子とアクセサリーで決めていた。グエンはピンクのスーツだし、メアリは大きい花つきの帽子だった。(写真参照)
この教会で人々を写真で撮ったの始めてで、とても嬉しかった。おばあちゃんの写真を撮りたかったのだ。
そのあと薫さんとちづ子さんの送別会に行く。久しぶりに日本の人々に会うが少し冷たさを感じた。
黒人教会だと毎週いっているのに会えて嬉しいと言って下り、キスにハグで嬉しさをあらわすからだ。だから私は逆の立場になったら、久しぶりの人を心から歓迎しよう。
午後4時からマスアベにある黒人教会マウントカルバリーバプテスト教会へ。上手な人がオルガン弾いていた。アメージングレースを聖歌隊が歌ったのでピアノを弾く。素晴らしい集会だった。